中古ドメインを使う

ホームページを公開する際、ドメインが必要になります。
ホームページの管理には、サーバーの運営やドメインの取得、SEOの管理などに費用がかかります。
このドメインに関しては、中古ドメインを使用する人もいますが、これを使うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。


SEO対策によるメリット

ホームページの運営では、自身のサイトが多く見られるようにSEO対策が必要になります。
そのために新規ドメインを取得する際は、検索の上位に来るように取り組まなくてはなりません。
検索結果の上位に現れるようにするには、時間がかかります。

検索エンジンにインデックスされるには1ヶ月以上かかる場合があります。
新規に取得したドメインを使っても、たとえ適切なSEO対策を施しても検索結果の上位に表示されないことが多いです。
このような時間とSEOの関係をさらに近づけるために、中古ドメインの活用が注目されています。

取得することでどのような効果があるのか?

その名のとおり、以前取得されたドメインが期限切れにより使われなくなったものを活用することになります。
毎日数十万個のドメインが期限切れになるので、自分が使うものを探し出すのは少し大変です。
探し出すには条件を搾り出して探すことになり、場合によっては見つからないこともあります。
常に自分と同じことを考えている人がいるので、良いドメインを取得するにはスピードも重視されます。

これを取得することは、時間の短縮や経費の削減につながります。
新規で取得する場合は、ドメイン自体の力もまだない状態なので、有用などメインにするには結構時間がかかります。
しかし、中古のものは運用履歴があるため、新規のものよりドメインの力が数倍あります。
新規のものでは運用できるために時間がかかり、それに伴って経費もかかりますが、中古の場合ではそれらが抑えられます。

どのように探し出せばいいのか?

利用するには取得することが必要ですが、ドメインを探すことも必要になります。
自分がほしいものを探す必要があるため、そのために時間がかかります。
なので、自分にあったドメインをすぐに見つけることは簡単なことではありません。

取得方法は購入する方法と自分で探し出す方法の大きく2つに分けられます。
探し出すのには時間も労力もかかってしまい、大変です。
最初から購入しておいたほうが安心ですが、やっぱりそれに対する費用がかかります。
購入する方法は、探す時間を短縮できる反面、コストがかかるところがデメリットになります。

自分で探す方法には、無料で手動で探す方法と有料の分析ツールを使って探す方法があります。
無料で完全手動で探すと、時間と労力がかなりかかってしまい、自分にあったものがなかなか見つかりません。
だとすれば、有料の分析ツールを使ったほうがいいということになります。
分析ツールを使えば、自分にあったものがすぐに見つかることがあります。

使用するときの注意点

中古のものを使用するときは中古ドメイン効果に値する値段かどうかに気をつけなければなりません。
中古本や中古車なら新品のものより安いものが多いですが、ドメインとなると新規のものと比べて高くなっています。
値段はページランクによって決定され、ランクが高いほど値段も高くなります。

ドメインの中には当たりはずれがあり、以前使用していた人が何かしらのペナルティを受けていれば、そのペナルティを引き継いでしまうこともあります。
そうなれば、高い金額を支払っても検索結果に表示されず、県外扱いになってしまうことがあります。
なので、購入する前は運用履歴をしっかりと調べておく必要があります。

検索エンジンのシステムにより、利用して数ヶ月で圏外になってしまうことがあります。
ドメインが持っている被リンクやページランクにより、正しい方法で得たものではないと判断されてしまうことがあるからです。
一度圏外になってしまうと、アクセスが復活することはありません。

ページランクは被リンクで支えられていることから、リンク先からリンクをはずされるとページランクが下がります。
中古のものを得て新しいサイトを運営すれば、リンクをはずされる可能性が高くなります。
なので、ドメインの取得から新しいサイトを運営するときは、ページランクは覚悟しなければなりません。

使い方のまとめ

中古のものを取得することは、時間の短縮や経費の削減につながります。
自分に合うものを探すときは、有料の分析ツールを使用すると見つかりやすいです。
使用するときは、ページランクにより値段が高くなることや利用することでアクセスの状況に変化があることを知っておく必要があります。